➡夫の浮気問題!なんとかしたい

端午の節句、つるし飾りの意味って?飾る台はどこに売ってるの?

 

そろそろ端午の節句の準備を考えてますか?

 

初節句ならもっと気合が入ってしまいますね。

 

ですが端午の節句といっても、それぞれアイテムの意味がわからない!ですよね。

 

今日は一番お手軽に飾れる、端午の節句アイテム『つるし飾り』をご紹介します。

 

つるし飾りはひな祭りでも飾られますが、5月5日の端午の節句に飾られることも多くなりました。

 

つるし飾りの意味や、由来を考えて飾るともっと楽しいですね。

 

端午の節句、つるし飾りの意味と由来

 

 

まずどういったものかと言うと、書いて字の通り、つるして飾ってある布でできた人形たちです。

 

子供の健やかな成長を願って、ちりめんや着物のはぎれ布で作り、意味を込めた人形達をつるしたものです。

 

静岡県の伊豆稲取地方の稲取温泉では、江戸時代から伝わる風習だといわれています。

 

こういった風習は他にも、山形県酒田市では傘福、福岡県柳川市ではさげもん、といわれこちらも有名です。

 

MEMO
ついでにちょいと、五月人形の由来をいうと、鎧や兜は子供の健康と成長を願いつつ、厄を子供の代わりに引き受けてくれるものなので、要は子どものお守りといった意味があるんです。

 

なので男の子供に1人1つずつ必要になります。

 

そして、子孫繁栄の願いも込められてますよ。

 

 

いつからの風習なの?

 

江戸時代に始まったようで、本当はひな人形の代わりだったんですよ。

 

ひな人形は一般庶民には高価なものだったので、手に入りません!

 

なので人形を手作りしたり、近所の人たちも手伝ったりしながら、子供の初節句に『無病息災や繁栄』などの気持ちを込めて作られたといわれています。

 

元々は、つるし雛(吊るし雛)と言われてましたが、お雛様を吊るすのは縁起が悪く聞こえも悪いので、『つるし飾り』という言葉になりました。

 

それで男の子の日である、端午の節句にも「つるし飾り」が飾られるようになりました。

 

 

人形全部に意味があります

 

つるし飾りの全体的な意味は、衣食住に困らないよう願いを込めて、縁起物を形どってます。

 

本当は55個の人形を左右に吊るし、合わせて110個になるように飾るそうですが、現代では数は関係なく、好みのものを飾る傾向にあるようです。

 

数がたくさんあるので、どういったものを飾るのかピックアップしますね。

 

三番叟(さんばんそう)→ 能の翁、翁の舞に続いて舞う役

 

→ 長寿、厄払い

 

大根→ 薬、毒消し

 

座布団→ 上手く座れるように

 

這い子人形→ 子供がすくすく成長するように

 

とうがらし→ 虫除け、魔除け

 

三角→ 香袋(薬の代わり)

 

→ 花のように可愛く

 

→ 種族保存を表している、縁起物

 

俵ねずみ→ 金運、働き者の象徴

 

金目鯛→ 稲取の縁起物。

 

お手玉→ 子供の遊具

 

まり→ 遊び道具、縁起物

 

羽子板→ 遊び道具、厄を飛ばすという意味

 

おかめ→ 福を招く、お多福

 

さる→ 厄除け(厄がさる)

 

うさぎ→ 神様のお遣い

 

蝉袋(せみぶくろ)→泣く子は育つの意味

 

でんでん太鼓→ 幸せを願う

 

ほおずき→ 女性のお守り

 

ぞうり→ 足が強くなるように

 

→ 寝る子は育つという意味

 

きんちゃく→ お金に困らないように

 

→ 長寿の象徴

 

はと→ 神の使い

 

だるま→ 福を招く

 

→ 長寿と健康を願う

 

ふくろう→ 福、不苦労の意味

 

すずめ→ 食べるのに困らないように

 

→ 長生きするように

 

端午の節句には、兜や鯉のぼりをつるし飾りに飾ることが多いようです。

 

 

 

本来、つるし飾りは手作り

 

 

購入したつるし飾りは、見た目も形も完璧ですが、つるし飾りは手作りで作る人もいます。

 

はぎれで作れるのですが、ちりめんという布切でつくります。

 

最近はフェルトで作ったつるし人形もあるので、好みの生地で作ると愛着も湧きますし、プレゼントをしても喜ばれます。

 

 

手作りだと愛着が湧きますよね。

 

ですが手作りは苦手!と思う方は買っちゃった方が早いです。 笑

(私も面倒くさがりなので、買う派です!)

 

自由に選びましょう~!

 

 

スポンサーリンク

つるし飾りの飾り方は?

 

つるし飾りは飾り台に飾ります。

 

ひとつのつるし飾りに同じ飾りは付けない、付ける数は…など本来は決まっているようです。

 

ですが現在は、好きなように飾っていいようですね。

 

飾り台をわざわざ買うのはもったいないと思うなら、100均の突っ張り棒に1つずつ、吊るしてもいいんです。

 

なにかオリジナルの工夫をして、飾ってみてもいいですね。

 

好きなように好きなだけ飾って、端午の節句の時期だけお部屋を華やかに、してしまいましょう。

 

 

端午の節句の飾りには種類がある

 


 

鎧飾り、兜飾り、若大将飾り、そしてつるし飾り!

そして分類別にすると

 

内飾り

 

 

 

兜飾り鎧飾り、武者人形

 

 

武者の格好をした人形(身代わり人形)で、健やかな成長を祈るもの、

 

 

つるし飾り

 

 

小さな人形に色んな意味を込めて作りつるして飾るもの

 

外飾り

 

 

 

鯉のぼり武者幟(むしゃのぼり)

 

 

立身出世(将来の出世)を祈る物

 

 

 

全部の五月人形を揃えるのは大変ですよね。

 

意味を考えながら、子どものために選んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

昔と違いデザインも豊富ですし、つるし飾りならオリジナルで手作りもできますね。

 

つるし飾りは飾りはどのようにも飾れるので、小さなものを選んでもいいし、部屋いっぱいに飾っても面白いと思います。

 

決まりがあまりなく自由に飾れるのがいいですね。

 

なにより小さい人形たちが愛らしいので、見ているだけで幸せな気分になります。

 

ちゃんと深い意味があるので、プレゼントであげても喜ばれますね。

 

 

こどもの日の記事をあわせて読んでみる

>>こどもの日に菖蒲湯に入る由来知ってる?実は菖蒲の効能がすごい!

>>初節句の兜は小さいサイズでもOK! 義両親と衝突しない兜の選び方

 

こちらの記事も合わせて読んでみる

>>夏休みは子供にイライラしっぱなし!穏やかに過ごす方法って?!

>>子連れの外出は大変!周りを気にせずにもっとお出かけを楽しもう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です