➡夫の浮気問題!なんとかしたい

小さな子どもがいても子猫の里親になれるコツ

我が家に子猫ちゃんがやってきます!

里親サイトで年末頃から子猫ちゃんを探してまして、やっとご縁に恵まれましたよ。

友達にも子猫を探して貰ったりしていましたが、これがなかなかでしてこの時はもう決まるのかな?って思いましたが、最終的に一番下の子供が小さい(2歳)のでやっぱり無理だという結論に至りました。

そんなに子供は子猫にとって危険なのかと、諦めモードになってました。

でもやっぱり諦められないと、里親サイトで必死に探しまくったんです。

条件はどの子猫ちゃんも相変わらず一緒で、条件が厳しいですね。

厳しい条件とは

 

1、ペット飼育可能なお住いの方件とは

2、不妊手術後に連絡をくださる方

3、脱走防止の柵を必ず設置して頂ける方

4、小さいお子様のおられないご家庭

5、同棲されてるカップル

6、高齢者、単身者の方

7、定期的に連絡(写真付き)をくださる方

8、終生飼育して頂ける方

9、なるべく2、3匹飼いしてくださる方

10、清潔な家

その他にも応募条件にペット可能の場合、賃貸契約書のペット可の記入欄を確認するとか、ペットを飼っていけるだけの収入があるかの確認で、源泉徴収を確認するなんてのもありました。

単純にすごいです。

誰も飼えないんじゃないか?と思ってしまいますね。

↓ 前にも記事にしましたが

猫ちゃんの里親になるのは簡単なことではない

生半可な気持ちで猫ちゃんは飼えないぞ!ということです。

例えば子猫の飼育経験のある人で子供が小学校高学年以上。

そして持ち家でマメな人に里親になって欲しいのでしょう。

当たり前の事も条件に入ってるので、わからないのではないんですがなんとも、ご縁を待ち望んでいた身にとっては、厳しいと感じざるを得ませんね。

で、我が家は一番どうしようもできない「小さな子供がいる家庭」っていうのが、どうしてもクリアできないんですよね。

半分子供のためにもって気持ちがあるので(情操教育のため)、どうしても子供が小さいうちに欲しいと思ってましたが、段々あきらめようかなと思ってました。

でもね。見つけたんですよ。

懲りもせず里親サイトで、くまなく子猫ちゃんを探していると…出会いました。

 

小さな子供がいても、里親サイトで子猫の里親になるコツ

 

いや、実に簡単でした。

個人か保護団体かを、先に確認すれば良かっただけでした。

個人の方は飼い猫が子供を産んでしまって、貰ってほしいといったパターンが多いです。

保護団体はやっぱり厳しいですし、忙しいのですぐ返事がもらえません。

(団体によって違いはあると思いますが)

個人だとお返事が早いです。

たまたまなのかは分かりませんが、業務的ではありませんしね。

個人の募集だと当人がOKと思えば成立するので、ややこしい規約はなく気持ちだけで譲渡のやり取りができます。

でも個人の投稿って意外と少ないんですよね。

そこは投稿されるタイミングでしかないので、常々マメにサイトをチェックします。

後は気に入った猫ちゃんが見つかれば、丁寧にそして、里親になりたい熱意をぶつければきっと伝わるはずです。

(子猫ちゃんは競争率が激しいみたいです)

 

投稿者の(個人か保護団体か)見分け方

 

ぱっと見は全部個人の投稿に見えるんですよ。

投稿欄に記載してるとこもあれば、してないとこもあります。

なので、

・投稿者で同じ名前がたくさんある。

・猫ちゃんの写真の撮り方が一緒。

・文面が似てる。

こんな感じで見ていったらなんとなく、わかるようになりましたよ。

まとめ

 

保護団体だとどうしても規約が厳しくなりますが、それはそれで仕方ないと思います。

猫を必死に守って活動してますからね。

なるべく不安要素は取り除きたい気持ちがわかるので。

こちらももちろん、子猫ちゃんを大事にしていく義務が当然あると思ってます。

それでも小さな子供がいても、どうしても子猫が欲しいといった方は参考にしてみて下さいね。

 

あー子猫ちゃん楽しみ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です