➡夫の浮気問題!なんとかしたい

離婚後の生活は予想外?!私はうつになりました

 

 

離婚後は心配事がとっても多いですよね。

 

生活環境はもちろんのこと、金銭面や時間のやりくりなど、半年もすればリズムができてきて落ち着いてくるのですが…

 

私も今離婚後ようやく精神的にも落ち着いてきたような気がします。

 

このブログも書こうと思ってもなかなか書く事ができませんでした…

 

 

今回の離婚の後(二回目の離婚であります)、自分では予測していなかったことがあったので、「こんなことがあるのかも!」という情報の1つとして今後の離婚のことを考えて欲しいなと思っています。

 

離婚後は予定通りにはいかなくてもいいや!ぐらいの気持ちでいよう

 

先のことを見据えていろいろ考えて行動するのは当たり前だと思います。

 

その中には必ずやり遂げなけらばいけないこともあります。

 

  • 離婚届けを出す
  • 引っ越し
  • 役所での手続きetc…

 

やらなければならないことがわんさか出てきます。

 

実はここでしくじると【精神的にやられて】しまいます。

 

わたしが今回の離婚で経験したのは、『うつ』でした。

 

正直にいって自分がなるとも思っていませんでしたし、こんなことが原因(離婚)で病気になるなんて、かなり予想外でした。

 

離婚後で焦っていたり期日までに何かをやり遂げなければいけなくて、子供のことも気になりながら手続きやら何やらをこなしていました。

 

そしてちょっとホッとしたときに、「あれ?なにか私おかしいぞ…」と、前向きに気持ちとうらはらに全く考えることができなくなり、気づいたら泣いていたりして「あれ?あれれ??」といった状態になっていました。

 

自分で自覚した時にはもう『うつ』にどっぷりつかっていたようです。

 

行動に気持ちが追いついていない

 

自分自身でそれなりに消化して離婚に至った訳なのですが、やらなければいけないこともたくさんありました。

 

生活や気持ちの変化を飲みこめないまま突っ走っていたので、心と体がバラバラになったような感じがしていたんですね。

 

無気力になり集中力がなくなりました。

なぜか体中のあちこちが痛み出し、うずくまっている時間が増えていきました。

 

あまりにも自分の体がおかしいので知り合いがすすめてくれた心療内科に行ってみると、案の定『うつ』とのことでした。

 

どことなく自分では『うつ病』というものにはならないであろうと思っていたので、はっきりいわれると戸惑いがありましたがなぜか内心ホッとしようにも思います。

 

原因がわかれば、それに沿って治療していけばいいわけですからね。

 

今はだいぶと落ち着きました。

ですがまだ完治したわけではなく、やっと最近になって奥底に沈んでいた感じから、ちょっと地上に頭を出せるようになった…そんな感じですが少し前より幾分か前向きに物事を考えられるようになりました。

 

すぐに治るものじゃないっていうのは知っていましたが、もっと元気に行動できるようになるのが当面の目標です。

 

話がなんだかそれてしまいました…

 

でも緊張状態からの環境の変化があるときは特に、思いがけない病気や出来事に遭遇してしまいます。

 

予定や責任をしっかり全うしなければいけない!という状況こそ『うつ』になりやすいので、少しでも手を抜けるところは抜いて頼れるところはたくさんたよってくださいね。

 

予定通り物事が進まないとそれ自体がストレスになってしまいますが、最低限できることだけやって、あとはゆっくり時間をかけて積み上げていけるといいと思います。

 

病気になるとすべての予定が狂ってしまいます

本当、これです。

いついつまでにあーしようこーしよう、といったプランは一旦白紙になってしまいます。

 

 

それで焦ってさらに『うつ』悪化してしまいます。

 

最近でも「あせり」の症状はずっとあって、一時よりもかなり落ち着いてはきましたが、それでもずっと焦っています。

 

母子なんだからもっとしっかりしなければ!とか、早く貯金しなければ!と考えれば考えるほど落ち着きを保てません 笑

 

離婚をして7か月、『うつ』になってかれこれ5か月ほど経ってしまいましたが、まだ自分の生活ペースがつかめず困っていますが、少しずつでも進んでいけているのでこの調子で(かめのスピードですが)やっていこうと思っています。

 

離婚後は特に焦らずに、どっしり構えてやっていくことが大切なことのように思います。

 

スポンサーリンク

離婚後の生活でうつにならないために気をつけないといけないこと

 

  • 1人だと思いすぎない
  • 家事は手を抜こう
  • 疲れたら外の空気を吸う
  • 気を張らない
  • 時間をかけて生活を作り上げる

 

離婚することでやはり孤独感が強くなります。

 

でもそれも一時そう感じるだけで、案外周りの人はたくさん協力してくれます。

 

私の場合、区役所の福祉課の人によく相談に乗ってもらっていました。

 

ダメだと思ったとき、誰かにすがって気持ちを打ち明けるのはとても心が救われた気がしました。

 

それが行政機関の人でも案外親身に話を聞いてくれるものです。

話をするだけでも気持ちが救われることがあると、今回の離婚でひしひしと感じることができました。

 

孤独と感じていても1人ではなく、手を差し伸べてくれる人もたくさんいます。

 

家事も一人親になったからと、最初はよけいに力を入れてやってしまいがちです。

ちゃんとしなければ!という、気持ちが強くなります。

 

でも忘れてはいけないのは、子供も大人以上に離婚後は気持ちが落ち着いていません。

子供もいろんなことを感じ取っています。

 

そんな時ほどギスギスしている母親より、家事が手抜きでもゆったりしている状況のほうが子供は安心します。

 

ちなみに私は子供から「にこにこしてね」というメモを部屋に飾られました。

 

きっとほとんど笑ってなかったんでしょう。

 

それからはなるべく手抜きをして、子供と会話をする時間を増やしました。

 

少しずつ子供も安定してきたように感じています。

 

煮詰まったりした時には外出することも大事です。

 

うつ状態がひどいときは空を見ることもできませんでしたが、今はなるべくちょっとでも疲れたらベランダに出て、首をあげて空を見てじっくり深呼吸するように心がけています。

 

それだけでもちょっとホッとしますよ。

 

そして、ちょっとだらしなくても心や体がつらい時は、だらけるようにしています。

それこそ部屋も汚いし、髪もぐしゃぐしゃです。

 

そんな時は今日はダメな日だと割り切って、グダグダに過ごします。

 

調子が上がってくるまで待てばいいんです。

 

なるべく焦らない、自分の体の調子に逆らわない、こだわらない、ということを意識していると、調子はちょっとずつですが上がってきます。

 

あくまでも私の経験からのうつな生活の注意点なので、こういった考え方が合う人には合うかもしれませんので、気楽に構えていけるようにしていけたらいいですよね。

 

おわりに

 

要は健康第一です!

何をおいても健康第一です。

元気があればなんでもできる!(by アントニオ猪木)っていうのは今回の離婚で本当に思いました。

 

元気でいるために、急な心の病にかかる前に自分を追い詰めたり先を悲観しないように努力してください。

 

難しいですが、気持ちにゆとりを持ちながら生活していければいいのですけどね。

 

まずは離婚後は焦りは禁物です。

 

生活が落ち着いたらなんでもバリバリできるので、落ち着くまでは無理をせず愚痴や泣き言もたくさん吐き出してくださいね。

 

いずれ落ち着くときがくると信じながら、毎日をじっくり味わうように生活していこうと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です