➡夫の浮気問題!なんとかしたい

浮気されても離婚しない覚悟を決めたら〇〇が大事って知ってた?!

 

夫の浮気、もう知っているけれど別れようと思わない。

 

そのように決断をする妻も少なくありません。

 

 

はたからみれば「そんなのとっとと離婚するべき!」と思われてしまいますが、それぞれの理由で離婚という選択をしない人もいます。

 

 

それがいいとか悪いとかではなくて、ただ1つ言えるのは『離婚しない』のにも覚悟が必要だということです。

 

私も夫の浮気に悩める妻でしたが、今私が選択している方法は「離婚しない」です。

 

では、どんな覚悟が必要なのか?をこれから説明していきますね。

 

 

夫の浮気はどの程度?

 

浮気と一言でいっても程度の問題ががありますよね。

 

それは軽い出来心から、どっぷりハマって夫が離婚を考え出す浮気まで。

 

 

ですが結婚生活が長い、子供が産まれて間もないなどの理由があれば、大抵の女性はすぐに離婚、という訳にはいかずこの夫の浮気問題と戦うことになります。

 

 

1夜の間違い程度の浮気で、夫が反省の色を見せてくれたのなら【許せる】といった女性も多いことでしょう。

 

 

ですがその浮気が本気で長期間になるもの、もしくは何度言ってもいろんな女性に手を出して浮気を止められないとなると、許そうと思っても許せる感情がどんどん消え失せてしまいます。

 

 

そしてそれは当然の感情だと思います。

 

 

まず夫がどの程度の浮気をしているかによって、離婚しない覚悟も変わってくるものです。

 

 

いろんな人と浮気する男性は結婚に向いていない

1度の過ちと、何度も繰り返す浮気はまったくの別物です。

 

定期的に浮気をする男性は、女性(妻)を信用していません。

 

 

なので常々保険をかけておかないと不安になってしまいます。

 

 

 

浮気を繰り返す男性は子供の時のトラウマや、大人になってからの恋愛で深く傷ついたという理由で浮気をしてしまう人が多いようですね。

 

なので簡単に「もうしないと約束してね」という約束は、浮気をする男性には通用しません。

 

 

その浮気性を治そうとなると、妻はとてつもない我慢とどうしても必要なら専門家の力が必要となります。

 

 

カウンセリングなどで良くなる男性もいますが、自分自身で自覚して治したい!と思わなければ、治療にすらこぎつけられませんよね。

 

この場合「離婚しないと決意した」時、気持ちの持ち方はハッキリって【あきらめる】しかありません。

 

 

この人は浮気をする人だと、もう認定して見てみぬフリをするということしかできません。

 

よほど夫が、何らかの理由で自分自身で気が付いてこのままじゃダメだ!と改心しない限りは、どんなに努力しても水の泡です。

 

 

浮気を繰り返す夫は、どんなにいい女と結婚をしても同じなんです。

 

そもそもー結婚してはいけない男性ーなのです。

 

 

離婚しないと決めたなら

 

「あきらめる」という解決方法がありません。

なぜなら私がそうだからです。

 

最初の頃は浮気を繰り返された時、泣いたりわめいたり、優しく話して理解のあるフリをしていました。

 

でもね、だんだん疲れてきます。

 

そしてちょっとノイローゼやうつの症状などが出てくることもあります。

 

もうそんなことで労力を使いたくないと強く強く思っていたら、「夫と思わずに仲のいい親友だと思えばいいんだ!」という考えにいきつきました。

 

 

私はいつのまにか浮気されるのも慣れてしまい、怒りのパワーが湧いてきません。

 

これがいいのか悪いのかはさておき、「あきらめる」ということができるようになってから、心がだいぶ軽くなりました。

 

 

“子供の父親であり生活も支えてもらって感謝する”という気持ちは普通の夫婦のようにあります。

 

 

なので、嫌いという感情がはありませんが、男と女という側面だけはやはり興味がなくなってしまっています。

 

 

今、上手く生活はできているし穏やかなので、私はこれでいいかな?と思っています。

 

 

先のことはわかりませんが、とりあえず今は穏やかに暮らす選択をしています。

 

スポンサーリンク

離婚しない覚悟があっても線引きは必要

離婚なんか絶対にしない!と思っていても、何があるかわからないのが世の常です。

 

ただ今の状況に任せて、ずーっとこのままでいいと思っていてもいるのも危ないですよね。

 

自分が思っているように物事が進まないときなんて腐るほどあります。

 

 

夫から離婚を切り出されることもあると思うし、自分の気持ちが変わりもう離婚したい!なんて思うようになることもあります。

 

 

なので「ここまできたら限界」という、線は引いておきましょう。

 

例えば

・相手から離婚をいわれた

 

・理不尽なケンカの頻度が増え精神的に疲れてきた

 

・夫の帰宅が毎日遅すぎる又は帰ってこない日が増えた

 

など、夫が自分のことしか考えなくなり家庭や生活に支障をきたしてくるようになってきたら「離婚しよう」というラインを決めておくと、少し精神的に楽になります。

 

体調にも注意!

 

我慢が我慢を呼んで、病んでしまわないようにしましょう。

 

夫婦関係が長期で不仲な場合は、知らず知らずのうちに気持ちが病んでいきます。

 

 

そして無理している結果、体調不良が続くようになり気がついたときには精神的にかなりやられている状態になります。

 

 

自分の心と身体に負担がかかるほど離婚を我慢する必要はないので、まずは体調に気をつけて、ダメな場合は早々に別れるということも考えていきましょう。

 

 

離婚をするにも体が資本になるので、自分の心と体を大切にしてくださいね!

 

万が一も頭に入れておこう

人生って何があるのかわからないので自分の意志ではなく、夫の意思で離婚になることもありますよね。

 

いきなり「離婚して欲しい」なんて切り出されたら、慌てふためきパニックになることもあります。

 

 

夫婦仲がいい状態ではないなら、頭の片隅に “いずれ別れる時がくるのかも” と、最悪の事態も考えておくだけでも気持の持ちようが違いますよ。

 

・離婚の準備はしておくこと

 

専業主婦なら離婚するまでに仕事やスキルを身に着けておいたり、心の準備はしておけるといいですよね。

 

準備しているのとしていないのとでは、気持ちの余裕が違います。

 

突然環境が変わることを突きつけられるよりは、精神的にダメージも少なくなりますよね。

 

・自分に目を向けよう

 

今まで夫に使っていた労力や気力を自分のために使いましょう。

 

自分をおざなりにして、夫に尽くしてしまいがちな女性が多いと思いますが、正直言ってもったいないと思います。

 

そうすることで夫や離婚のことを考えることもなくなりますし、自分に目を向けることで、今後のこともじっくり感情的にならず考えることができます。

 

夫も妻がイキイキとして、輝いている姿を見て心境の変化が起きることもあります。

 

 

悪い事1点に気持を集中させるより、プラスの思考で自分が良い状況になることを優先させてみてはいかがでしょうか。

 

子供に悪口だけは言ってはいけない

 

家庭環境、夫婦関係が悪くとも子供に夫の悪口をいってはいけません!

 

私が体験済みなのですが、どんな父親であれ子供にとっては実の父親です。

 

 

子供は自分の両親、どちらを否定されても自分自身が否定されている気持になります。

 

(私の母の離婚をしていて、父の悪口をよく言っていましたし、未だに父の悪口を言い続けています……)

 

 

例えば……お父さんが浮気をして悪いのはわかっていて、子供自身がお父さんを嫌いになるのはいいのですが、お母さんや違う人から父親の悪口を聞くと不思議なもので、自分自信を否定されている気持ちになります。

 

 

夫婦が不仲なのは子供には関係ありません。

 

特にいいように言う必要もないのですが、悪くいうのだけは止めてあげてくださいね。

 

子供もちゃんと家庭がおかしい空気感はわかっているので、負担をかけないようにしてあげてくださいね!

 

浮気に耐えなくてもいい

なんでもそうですが、あまりに辛い時は我慢しなくてもいいんです。

 

浮気をされていてずっと我慢をしてきた~おかげでなんとか家庭が成り立っている、ということが長く続くといろいろ麻痺してきます。

 

 

夫や家庭のために浮気を許し続けるのは、精神衛生上よろしくありません。

 

 

離婚をするもしないも、やはり感情がありますから、いくら浮気をする夫を許して理解しようとしても、どうしても許せない時があります。

 

 

家族のためや日常の平穏を守ることも大事ですが、あなたの感情はもっと大事です。

 

無理をしてまで浮気を許す必要はありませんし、我慢はそこそこにして新しい道を選んでも間違いではないのです。

 

 

浮気されても離婚しない覚悟を決めたらのまとめ

 

夫が浮気していても簡単には離婚をすることを決断できません。

 

なので離婚をしないと決めたなら、自分が楽になるように考え方を方向転換してしまうしか方法はないんですよね。

 

だからといって苦しいのにずっと我慢をする必要はないし、【あきらめる】というのもできないならしないほうがいいと思います。

 

 

夫の今後の様子を見ながら、離婚をするかどうかは決められるので、まず「別れない」という選択をしようと思っているなら、参考にしていただいてこの記事がお役に立てれば幸いだと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です