➡夫の浮気問題!なんとかしたい

離婚での引っ越し費用はどのくらいかかるの?

 

先日急な離婚になり今の家で住めなくなるので、引っ越しをしなければいけませんでした。

 

気になるのは引越し費用。

 

実はこんなに急な離婚になるとも思わず、ある日突然大喧嘩になりあれよあれよという間に離婚になり私自身が1番びっくりしています。

 

そんな中でやはり引っ越しがそうとうなストレスでした。

 

離婚に至りいろんな気持ちを引きずりながら、手続きやら何やらと多忙な中で物件探しを大急ぎでしなければ、今の家賃が高すぎて生活できない!という状態だったんです。

 

小学生の子供もいるので校区も変えたくないし……

 

など、考えることが盛りだくさんで本当にてんてこ舞いでした。

 

 

で、1番気になるのがお金の問題です。

 

今回はまず、1番お金のかかる引っ越しでざっくりいくらかかったのか?ということをお伝えします。

 

離婚後の引っ越し!金額はどのくらい?

離婚で1番労力を使い、本当に疲れ果ててしまったのは引越し作業です。

 

離婚だけでも子供にダメージを与えてしまったので、これ以上負担をかけないいように考えた結果「転校だけは避けたい」と思いました。

 

となると、今住んでいる家とあまり離れるわけにはいきません。

 

今後のことを考えると、家賃も抑えたところに引っ越しする必要がありました。

 

急な離婚だったので、引っ越し自体にもお金をかけることはできませんでした。

 

そこで考えたのが、ほぼ自力での引っ越しです。

 

体力を使えばお金をかけずに済む、という安易な考えで大物家具以外は台車で運ぶといった方法をとったわけですが、これがまた大変でした。

 

底で気になる引っ越し費用ですが……業者に払った金額は…

 

ざっくりと5万円でした。

 

元々の家には15年住んでいて、家は古いが部屋はとても広い2階建ての一軒家に住んでいました。

 

なのでモノは異常に多いし、家具もやたらと大型です。

 

ですがそこはめげずに本当に運べないもの、壊れてはいけないものだけを引越し業者に頼み、ある程度の棚などは台車で近所をガラガラいわせながら、自力で今の家に運び込みました。

 

  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機
  • コタツ
  • 子供の勉強机
  • 子供のベット

 

これだけで5万は高いかと思いましたが、何より引越し先がエレベータなしの階段での運びというのもあり、家具自体も大物ばかりだったので、こんなものかなぁと思います。

 

引越し業者選び、比較サイトはやめておこう

どこの業者がいいのか悩んで、2,3の業者で見積もりしてもらおうと考えていたのですが、ちょっと面倒くさくなり「あっ!そういえば比較サイトがあるやん!」と、必要事項を入力してポチっとしてみたところ…

 

来るわ来るわの、電話の嵐でした。

 

確かに一軒ずつ丁寧にやり取りしていけば、もう少しお安い値段で引っ越せたのかもしれませんが、あまりに鳴り止まないフリーダイアルの嵐で辟易してしまい、結局大手の『サカイ引越センター』でお願いすることにしました。

 

やはり対応も抜群でしたし、事前に冷蔵庫が玄関から入るのかが不安だったのですが、そこはプロの技。

 

玄関の重いドアを上手に外して、搬入してくれました。

 

これがいい加減なところだったら、玄関先で放置されるという噂話もきいていたのですが、大手さんの引越し業者なら安心ですよね。

 

 

壊れたテレビも込で引き取っていただけたし、次引っ越しするときもサカイ引っ越しセンターでお願いしようと思っています。

 

 

注意すること!

引越し業者の従業員の数や引っ越し人数、引越し先の環境、そして距離などによっても金額は違うので、事細かに聞いてみてくださいね。

一番いいのは「見積もり」に直接きてもらうことです。

 

スポンサーリンク

エアコンの引っ越しも忘れずにしよう

エアコンも忘れそうになったのですが、我が家には2台のエアコンも一緒にお引越ししなければいけません。

 

そこで凝りもせず、疲れのあまりエアコン取り付け比較サイトにまたもや登録。

 

そしてまた、電話の嵐。(わかっていたけど…)

 

今回はその中の1社でお願いすることにしました。

 

引っ越しより先の日にエアコン取り外し、取り付けの約束をしていたんです。

 

当日の朝、決まった業者から朝に電話があり、工事の金額を聞いたらなんだかんだで5万かかるといわれたので、「聞いていた金額と違う~!」となり、お断りすることに。

比較サイトではざっくりとしか教えてくれなかったんです。

 

結局、エアコンの工事もサカイ引越センターでお願いすることにしました。

 

 

エアコンの工事は2台で2万ということだったので、即決しました。

 

ただ取り付けの際、部品が古くなっていたこともあり、備品などでプラス2万円かかりました…

 

 

引っ越し代より高く感じましたが、必ず必要なものだったので泣く泣く支払いました。

 

ですが比較サイトの業者よりは少し、安く済んだのでこれもヨシとします。

 

引越し業者の比較サイトを使うのに向いている人

 

私自身、めちゃくちゃ面倒くさがり屋です。

 

なので細々と連絡のやり取りを頻繁にするのは、すごくストレスになります。

 

ですがマメな人や時間をかけてでも、じっくり話を聞きたい人は比較サイトもありなんじゃないかな?と思います。

 

電話の嵐に対応しきれる人なら、大手の引越し業者も入っている比較サイトで決めてみてもいいと思います。

 

電話が沢山かかってくるのはイヤ!というなら、大手の業者2つ3つにこちらから見積もりを直接お願いするのがいいと思います。

 

離婚後の引っ越しはできるなら丸投げしよう

離婚でかなり気持ちを消耗していたり、今後が不安で気持ちも不安定になります。

 

気力でなんとかなるものですが、正直言って体も神経もボロボロなはずです。

 

お金に余裕のある、急な離婚なんてあまりないと思います。

 

確かに今後のことを考えるとなるべく費用を抑えたいし、少しでも安く済むのならそれに越したことはありません。

 

 

フォローしてくれる人や頼れる人がいるのならいいのですが、もしも一人だけで引っ越しを考えているのなら、あまり無理をせず、引っ越し代をもったいないと思わずに業者に丸投げしましょう。

 

離婚だけでもダメージは大きい

 

環境の変化はとてもストレスがかかるものです。

 

そこに子供がいるとなると、気丈にも振る舞わなければいけないし、弱音なんて吐くことができません。

 

なので今後からは意識して、完璧にこなさなくていいというような癖をつけるように心がけることをオススメします。

 

手を抜けるところは抜く、少しお金がかかっても自分ができそうなこと以外は何かに誰かに頼る…など、ちょっとでも心も体も楽できる生き方を選んでいけるようにできるといいですね。

 

私自身離婚は2度めなのですが、今回の突然降って湧いた離婚には心身ともに疲れ果てています。

 

今現在も、気持ちの整理も完全にはできていません。

 

なので、端折れるところはなるべく端折って行こうと思います。

 

自力での引っ越しなんて本当にクタクタになってしまうので、なるべく引越し業者を頼ってください。

 

しなくていい苦労なんてするもんじゃないですよ。

 

>>離婚が決まって怖い・不安と思う気持ちは当たり前!強がらなくても大丈夫

 

引越し費用はいくら?のまとめ

 

・私の場合は大型家具家電だけで、ざっと5万円でした。

(廃棄のテレビも引き取ってもらった)

 

・引越し業者選びは比較サイトがあるが、一斉に電話が来るのでマメな人以外は避けたほうが無難。

 

・離婚後は心身ともに消耗が激しいので、自力での引っ越しはおすすめしない

・できるなら引越し業者に丸投げできるのが望ましい

 

離婚後は気持ちも落ち込んだりすることも多いので、気力だけで動いてしまうと後でとんでもない負担がのしかかります。

 

お金をかけたくない…というきもちになりますが「体が資本」今後のためにも、自分自身をもっと大切にしていきましょう。

 

 

>>離婚したいのに踏み切れない!後悔しない人生を送りましょう

>>夫の借金癖で離婚?!借金問題の解決法はどうする?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です