➡夫の浮気問題!なんとかしたい

「ステップファミリーの心配」子供のやきもちはいくつぐらいまで続くの?

 

ステップファミリーになり、また赤ちゃんを迎えるようになる場面があります。

 

子供のやきもちの問題はステップファミリーに限らず、子供に兄弟ができるとたくさんの方が悩まれてることだと思います。

 

 

子供は敏感ですので親が自分以外に目を向けていると、とても不安になります。

 

いつも以上にかまってちゃんになってしまいますよね。

 

 

子供がしつこくなるもので、親はどうしても「しつこーい!」と怒ってしまいますが、怒れば怒るほど子供もさらにしつこくなるという悪循環。

 

 

優しく言って聞かせても、なかなか分かってもらえませんよね。

 

こんな状態がいつまで続くのか、そんな疑問を考えてみたいと思います。

 

ズバリ!いつまで【やきもち】をやくの?

子供も兄妹ができて状況がいっきに変わります。

 

今までは家族の愛情を全て独り占めしていましたが、みんな新しい赤ちゃんに夢中です。

 

 

子供は自分からみんなが離れていったようで不安になります。

 

 

兄妹ができたということに慣れるまで時間ががかかりますし、どうしても “こっちを見て”アピールが続きます。

 

年子だっだりすると更に大変でしょう。

 

本題の「やきもちをやかなくなるのはいつ頃?」という質問に答えるのなら…

 

精神的に自立ができるようになるまでです。

 

 

なので~歳になったから…といったものではなく、中学生高校生になっても兄妹にやきもちをやきます。

 

子供の心の成長具合や精神的な自立ができるまでは、自分中心に物事を考えてしまいますよね。

 

小さな子供のやきもちを和らげるには?

2つ3つ年が離れていると、子供にも小さいものは可愛いいという感情があります。

 

お手伝いを少し頼んだり、一緒に赤ちゃんをヨシヨシしたりしすると、上の子供も喜びます。

 

それでも子供の機嫌によりますが…

 

できることといえば、下の子が寝ている時になるべく抱っこして、お話を聞いてあげること。

 

スキンシップを心がけてあげるという方法しかありません。

 

上の子供が下の子供を構ってあげているときに “優しいね” など褒めてあげるなど、家族の一体感を持たせてあげるのは効果的ですよ。

 

上の子供は喜んでお手伝いをしてくれますし、自分に自信もつき、満足感も得られます。

 

まずは、上の子供には「いつも見てるよ」ってことと、大好きだということをこれでもかというぐらいに伝えてあげて下さい。

 

スポンサーリンク

私の家庭の場合は…

子供がまだ幼いときに再婚(ステップファミリー)した場合、こどもは親の愛情に関して敏感になってます。

 

小学校高学年ぐらいで、色々理解をしてても心は不安定です。

 

日常生活で大丈夫な様に振る舞っていますが、意外と心はナーバスになっていて、本人もあまり自覚はないようでした。

 

我が家は問題ないと思っていましたし、兄妹が産まれると喜んでいるいました。

 

息子は新しく産まれた弟をとっても可愛がっていたので、私も安心しきっていましたが、やっぱり少し寂しいという気持ちもあったようです。

 

本人は一切口に出しませんでしたが、それがのちのちに「万引き」という問題行動で出てきました。

 

 

息子は小学校6年生ぐらいだったので、もうお兄ちゃんだから「大丈夫」と思い込んでいました。

 

それまで寂しい思いをしていたことに気付かなかった自分を反省しましたし、もっともっとかまってあげられたら…と当時は後悔ばかりしていました。

 

 

それでも本人は寂しいとかそういった事はいいませんでしたし、自分で自分のもやもやした感情の理由もわからなかったみたいです。

 

ちょうど思春期と重なるときなので、気持ちを汲み取るのは難しかったです。

 

何か小さな問題おきたら、1つつず子供と向き合いながら解決していく方法しかないと思います。

 

子どものやきもちを軽減するためにできることは?

 

 

物事をあまりわかていない幼い子供なら、環境に馴染むのもはやいものです。

 

ですがある程度大きくなった状態で再婚(ステップファミリー)すると、子供も状況をよくわかっているのですが、環境に慣れるのに少し時間がかかります。

 

 

子供一人ひとりで感覚も違いますし、感じ方も違うので本当に難しいです。

 

ただ1つ。大事にしないといけないのは、これ、【コミュニケーション】です。

 

当然のことのようなのですが、日常になると意外とおざなりになってることがあるので、ここは意識してやった方がいいです。

 

子供が大きかろうが小さかろうが、やきもちは絶対にあります。

 

 

大人にでもそういった感情があるので子供なんてなおさら、承認欲求は強いはずです。

 

親からすると子供はみんな大事です。

 

 

大事にしている気持ちが上手に子供に伝わると、やきもちも少しは軽くなり子どもの気持ちも穏やかになります。

 

日常的な会話や、ふれあいを意識的にしていきましょう。

 

いつも見ているよ、大事だよということを、ちょっと大げさでも伝えてあげることで、子供も安心することができます。

 

ステップファミリーという、ちょっと難しい家庭環境ですが、家族が安心できるような状態にしていくのは、親の努めですよね。

 

やきもちやくのは仕方のないこと

人間の感情として、やきもちをやくのは仕方のないことだと思います。

 

どんなに最善を尽くしても、子供は自分が1番でありたいし、親に対してもずっと自分を見ていてほしいと思っています。

 

ですが大人でさえ、異性や友人にやきもちをやくものですよね。

 

子どもが新しくできた赤ちゃんに嫉妬するのは自然なことです。

 

 

あくまで大人がどこまでフォローできるか?ということが大事なことだと思います。

 

 

赤ちゃんのお世話を手伝ってもらったり、褒めてあげることで子供に自信がつくので、一緒になにかをやってみるということを意識してやってみてはいかがでしょうか。

 

 

子供が精神的に自立するまでは「気持ちを考えてあげる」「見守る」ことが親のできることなんでしょうね。

 

さいごに

 

子育ては簡単に答えがあるものではないので難しいです。

 

人それぞれ家庭の形もありますし、ステップファミリーの家庭ならなおのこと、悩み事も増えます。

 

新しい家族が増えるのはどんな家庭でも1大イベントです。

 

上の子供がやきもちをやくのは想定内のことなので、うまく家族に溶け込むように家族全員で取り組みましょう。

 

いつになっても人は誰かに愛されたいものです。

 

大変ですが愛情をもって子育てを頑張りましょう~

 

 

子供がの気持ちが知りたいなら

>>【夫婦の不仲】は子供にどれだけの影響があるの?

>>連れ子で肩身の狭い思いをさせない5つの方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です