➡夫の浮気問題!なんとかしたい

主婦が取りやすい資格は?手に職をつけて万が一に備えよう

 

専業夫婦の場合、夫婦の仲がうまく行っている時はあまり考えませんが、夫と不仲で離婚するかも?夫婦の危機に陥る時がないとは限りません。

 

離婚が頭によぎった時に考えるのは「子供をどうやって食べさせていく?」と不安になりませんか?

 

 

若いならパートで体力仕事や長時間勤務も可能でしょう。

 

ですが30代後半~40代を超えてくると、新しく仕事を始めるのはとても大変です。

 

しばらく専業主婦、そして高卒で特に資格がないと(←まるっと私です)まず自分に自信がありません。

 

正直に言えば仕事を選ばず、長時間働けばどんな仕事でもそこそこ稼げるとは思っています。

 

そして仕事には向き不向きもありますし、体力面での問題もあります。

 

まずはパートを始めて慣れるまでとても辛いものになります。

 

 

その上で職場の人間関係も絡んでくるので、運良く自分に合った職場では働けるような方はとてもラッキーなのであって、ほぼ何かしら辛い環境で働くようになります。

 

 

仕事に生きがいをもつためには手に職があるほうが、断然有利ですし、それは自分の自信にも繋がりますよね。

 

今回は、なんの取り柄もない主婦に合う資格はどういうのがあるの?

 

手に職をつけるにはどうすればいいの?…といったことに焦点を当ててみようと思います。

 

主婦にでも簡単に取れる資格は何がある?

 

 

資格と言ってもただ取るだけでは意味がありませんよね。

 

私が経験した中ですぐに資格が役に立ち、なおかつハードルが低い仕事は仕事は1つだけです。

 

そのうえ働ける場所がたくさんあるので、まず食いっぱぐれはありません。

 

介護職員初任者研修→介護福祉士

 

仕事内容は言葉のとおり、利用者さんの介護をする仕事です。

資格がないと利用者さんの身体に触れることができません。

資格なしで介護の仕事をすることは可能なのですが、生活支援(料理や掃除など)しかでできず、そうなるとお給料はかなり低くなります。

 

なので介護職員初任者研修は必ず必要になってきます。

 

資格の順番をいうと、

・介護職員初任者研修→民間資格

 

・介護福祉士→国家資格

 

まずは働く上で必要な資格『介護職員初任者研修』を取った上で、働きながら『介護福祉士』を目指します。

 

介護福祉士になるためには、【対象となる施設(事業)及び職種での従業期間3年(1,095日)以上、かつ従事日時540日以上】に加えて、【介護職員実務者研修】を受けなければなりません。

 

すごく大変そうに書かれていますが、3年間の間に週に4日、時間は1日1~2時間(時間は関係ない)働いたら『介護職員実務者研修』を受ける資格を得ることができます。

 

『介護職員実務者研修』を受けることによって『介護福祉士』の試験を受ける資格を得ることができるんです。

 

私は訪問介護とデイサービスで働いていましたが、職員のみなさんはこのようにスキルアップをされていました。

 

 

働きながら資格を取るので現実的なのです。

 

 

1番のメリットは高卒でも頑張れば、国家資格を持てるということです。

 

更に上のケアマネージャーを目指せるのも魅力ですよね。

 

補足
介護職にはその他にも資格の取り方がありますが、専門学校に通うなど主婦には向いていないので、今回は割愛させてもらいます。

 

自分に自信を持てて、人の役に立つ専門職はなので、向いてる人には生涯の仕事になります。

 

介護職に興味があるのなら、こちらの【ケイコとマナブ.net】で資料請求ができます。



技術が必要な資格

 

手に職を持とうと思って資格をとっても、ずっと練習を重ねないと意味がなくなります。

 

技術というのは資格が取れたからすぐにできるものではなく、その仕事を続けている限り技術の向上のために練習し続けなければいけません。

 

ストイックで向上心が高いタイプの人にとても向いている資格です。

 

ネイリスト

 

資格がなくてもなれますが、お客さんの信頼を得るためにはスクールなどに行って、ネイリスト検定(民間資格)を取得する必要があります。

 

華やかなイメージですが、かなりの技術職です。

手先が器用で細かい作業が好きな場合はとても向いてます。

 

地道にコツコツ練習する必要もありますし、まずは検定試験が難関です。

 

スクール代だけではなく、材料費もかかるので金銭的に負担は大きいかと思います。

(トータルすると、100万円近くかかります)

 

私はスクールに通ってネイリスト検定2級まで取得し、1級の技能検定一度落ちたところで、家庭の事情でスクールに通えなくなり、そのままの状態です。

 

いつか1級までは取りたいと思っていますが、そのためには再度誰かに教わる必要があり、その上材料費が結構かかるのでいずれ……という感じになったままです。

 

今まだ子供が小さく、自分のことに時間を割けないのでそのうち一級も取得できたらいいなぁとは思っています。

 

いつになるやら、ですけれど。

 

練習もかなりしなくてはいけないんですが、夢中になると時間がいくらあっても足りない感じになります。

 

凝り性で何か細かい作業が好きなら、とても楽しいお仕事ですね。

 

 

ただ本当に技術職なので資格をゲットしたとしても、しばらくは修行という気持ちで考えなければいけませんし、お給料もその辺のパート代ぐらいにしかなりません。

 

ただ、自分の技術に自信が持てればお家で開業もできるし、働き方の幅も広がり給料アップも目指せる世界です。

 

 

若い子ばかりがネイリストで求められるわけではなく、落ち着いた年齢のネイリストさんがいいというお客様もたくさんいらっしゃいますので、年齢は気にせずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

今やネイルは年齢問わずされる方が多いので、若くないからといってあきらめるような職業ではありませんよ。

 

 

金銭面が気になって一歩を踏み出せないのなら、通信講座になるとかなりお安く(15万~25万)ぐらい学べるので、費用を抑えたい方は通信講座という手もありますよ。

 

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」



 

エステティシャン

 

こちらもネイリストと同じで、民間資格を取得します。

技術もさることながら、体を大きく使うので、体力も必要になります。

 

エステティシャンは体育会系の方が向いていると言われています。

 

ですがエステには様々な種類があるので、自分が何を学びたいのかを決めておく必要がありますね。

 

エステティシャンになるにも、スクールに通うか通信講座かという選択になります。

 

金額の負担も大きく、スクールなどに通うと100万円前後かかります。

 

通信講座はその半分の50万円前後かかると思っておいた方がいいですね。

 

エステティシャンやネイリストは高額です。

 

 

もし将来独立したいと考えているのなら、リンパマッサージやフェイシャルエステなど何かに特化した資格を得るほうが、手に職をつけるという意味でいいとおもいますよ!

 

↓ 資料の請求はこちらから↓


ファイナンシャルプランナー

 

ファイナンシャルプランナーも国家資格と民間資格があります。

 

基本的に2級以上を持っていると実務に生かせるとみなされることが多いと言われます。

ファイナンシャルプランナーは、お金のプロです。

 

節約から税金のことや、住宅ローンなどそして家計の節約などのことなど、お金の事をアドバイスする仕事で、個人や企業など相談相手も様々です。

 

活躍できる職場や働き方も多種多様なので、収入も環境によって違いが多いようですね。

 

 

通信の講座で学ぶこともできるので、興味があればケイコとマナブ.net で資料請求してみてはいかがでしょうか?

 

働き方によっては手に職、という部分でとてもいい資格だと思います。 

スポンサーリンク

資格が無くても働けるのは?

 

医療事務や歯科助手のお仕事も民間資格がありますが、正直に言えば特に資格は必要ありません

 

経験の方が重視されるようです。

 

資格を取っておけば有利か?というのもあまり関係ないといわれていますが、ないよりはあったほうがいいという感じですね。

 

資格より経験の方が大事だと思うので、求人で【初心者歓迎】という案内を見たら応募してみましょう。

 

 

ただ事務系や受付などは若い子を優先的に雇うところが多いので、あまり期待をしないほうがいいのかもしれません。

 

資格を取るだけでは意味はない?

 

私も多種多様なパート(アルバイト)をしてきて思ったのですが、特に主婦になって資格がない状態で働くということは『好きなことや興味のある所で働けるのは稀のこと』だということです。

 

ですが自分に自信のある分野で職場で働けるなら、ちょっとぐらいしんどい環境でもいきいきと頑張れると思いませんか?

 

 

私は「ネイリスト検定」と「介護職員初任者研修」を持っています。

 

ネイリスト検定はシングルマザー時代に「手に職を!」と思い、ちょっとお給料のいいところで働いていたので、いまのうちに何かしてみようと思って取りました。

 

 

もともと美容系は興味があったし、何かを作るのは好きだったので楽しく学ぶことができましたが、その後再婚や妊娠などいろいろあったので今は遠ざかっています。

 

介護職員初任者研修で資格を持っておくと、どこでも働けますし知識として知っていていいことばかりです。

 

1年半ぐらい働いたのですが、私が体調を崩したので一度やめることになりました。

 

ですがいつでも戻って働けるとうのは、自信につながっています。

 

よく資格を取っただけでは意味がないとい言われますが、取れる資格は興味があればどんどんとっておいてもいいと思います。

 

いつどんな時に役立つ時かわかりませんし、いずれ思い立って何かやってみよう!と思った時に資格を取っておいたことが役に立つこともあります。

 

 

チャレンジできる時は、惜しまず何でもやってみましょう!

【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コースなら、今ならFP3級講座が無料なので、お得に資格取得ができるんです。

 

↓気になった方は覗いてみてくださいね。



主婦だからこそ手に職をつけよう!

今の時代、結婚して主婦をしているからといって安泰!ということはありませんよね。

 

 

常に最悪の事態を、頭の片隅で考えておくことも大切だと思います。

 

 

夫婦が不仲になるかも?といったことだけではなく、夫が突然病気になって働けなくなるかもしれませんし、なんらかの理由で離婚になるかもしれません。

 

今のうちに手に職をつけて、基盤を作っておくと心に余裕が持てますよね。

 

 

手に職があると自信につながる

 

安心感もそうですが自分自身がお金を稼いでいると、自信がついて気持ちが自由になります。

 

食べさせてもらっているという感覚がなくなり、夫と対等に会話ができますよね。

 

 

妻が自信に満ち溢れハツラツとしていたら家庭も明るくなりますし、やりたいことや目標があるのはとても楽しいものです。

 

まとめ

 

・主婦が取りやすい資格は何は介護職

・まずは介護職員初任者研修からスタート→その後スキルアップができる

・美容系の資格は高額ですが、通信教育という方法もある。

・ファイナンシャルプランナーはいろんな働き方ができる

・資格をたくさん持っていても損はない

 

仕事は誰のためでもなく自分の為に働きます。

ならば少しでも興味のある分野や、好きなことに近づいて働きたいですよね。

仕事でイキイキと自信が満ち溢れる素敵な女性を、お互いに目指して行きましょう!

 

 

お仕事のお悩みはこちらから読んでいただけます。

>>パートが辛いから辞めたい!と思ってるなら自分に正直に行動しよう

>>パートで嫌味なおばさんには7つの対処法で解決!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です